スイスイおぼえる AutoCAD LT97 FAQ一覧

2001/2/1現在

項目   頁 元の内容&トラブル   修正内容&対処法
【1】 p.27 
から段目
・ ・ ダイナミック文字記入 1行文字の記入を行なう ・ ・ マルチテキスト マルチテキストエディタを用いて段落文字の記入を行なう
【2】 p.33 
から段目
! 「再描画」のアイコン [カスタマイズ内]には存在する 
【3】 p.47 
2-2 (8)
・ ・ 桁端と主塔の位置をマークする これが1A側桁端 ・ ・ アンカレイジと主塔の位置をマークする これが1Aアンカレイジ設置位置

関連 
p.47 
2-2 (9)
・ ・ 桁端から946m離れて主塔 (2)オフセット間隔「946000」を入力↓ ・ ・ 1Aアンカレイジら960m離れて主塔 (2)オフセット間隔「960000」を入力↓

関連
p.49 
2-2 (14)
これが4A側桁端 これが4Aアンカレイジ設置位置
【4】 p.49 
2-2 (16)
(2)範囲で交差選択を入力後、A→Bを指示。 (2)交差選択「C」を入力後、範囲A→Bを指示。
【5】 p.54 
2-3 (5)
(1)<直交オフ>線分■→ (1)線分■→
【6】 p.54 
2-3 (7)
(2)右クリックで終了 項目ごと削除
【7】 p.62 
2-4 (7)
! (4)基点設定時のオフセット 「@3000<0」と入力した方が正確
【8】 p.64 
2-4 (11)
       
【9】 p.65 
2-5 (1)
? 配置するパーツはどれ? 主塔基礎はp.52、アンカレイジはp.60を参照して各サイズや特徴を確認
【10】 p.66 
2-5 (2)
1A、2Aそれぞれの桁端を、内側に14mストレッチしておきましょう。 1A、2Aそれぞれの桁端を、アンカレイジ設置位置から橋桁内側に14mストレッチしておきましょう。
【11】 p.70 
2-5 (16)
   
【12】 p.71
2-5 (19)
! (1)隠れ線への変更過程 変更したいヶ所をトリム後、隠れ線で円弧を追加
【13】 p.83 
3-1 (4)
(6)「@50000<90」(@0,500000でも良い)を入力↓ (6)「@50000<90」(@0,50000でも良い)を入力↓
【14】 p.83 
3-1(4)-(5)
! 右クリック 左クリック
【15】 p.99 
3-2 (26)
! 隠れ線が表示されない場合 線種尺度コマンド<LTScale>を使い、正しい尺度「1000/4」に調整
【16】 p.119
3-5   (22)
(1)右側にある地形・・ 左側にある地形・・
【17】 p.151
4-4   (4)
(3)用紙内に平面図が・・ 用紙内に構造図が・・
【18】 p.154
4-4
   (12)
52ページの・・ 152ページの・・ *次ページ(13)も同様の誤記
【19】 p.177
5-3
   (27)
下から8行目 実行 実行
【20】 p.181
5-3
   (37)
30mで・・ 3.0mで・・
【21】 p.194
6-1  (6)
(2)?左クリック 右クリック
【22】 p.220
6-3  (12)
(3)方向に・・ 方向に・・
【23】 p.236
6-5   (3)
図中 (3) (4)の誤記
【24】 p.236
6-5  (4)
(4)方向に・・ 方向に・・
【25】 p.261
8-1  (14)
(2)1.4 14
【26】 p.263  
8-1
  (20)
1.4 14

★  このページの内容は、これまでのCAD講座スタッフ&受講者のみなさん、またHPに直接お問合せくださったみなさまのご協力により
日々充実させたものです。特に【16】以降の内容は2000年11月杉浦義人さんのご協力により作表しました。
これから実践してくださる方々のスムーズな進行につながることを心から祈っております。
また、これ以外にもお気づきの点がございましたら、ご遠慮なく
かざせ までご連絡くださいませ。

[HOME]            スイスイ本関連[金星] → 


Copyright (C) 2001 PLANETco. All Rights Reserved.